読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャマカワ君の四苦八苦 in Jamaica

青年海外協力隊の苦悩?と感動?を徒然なるままに気楽に書きます。

任地での日々

任地であるポートマリアに来て、約2週間が経過した。

 

 

生活が落ち着いて来たので、言葉にしてみよう。

 

 

住居は、申し分がない。

 

海岸からは、300m程、内陸寄りで標高も高い。

高度は、mapcoordinates.netによると64mある。

 

東日本大震災津波の最高遡上高でも、40m程。

 

 

 

非常に安全な土地だ。

 

 

 

敷地は門で遮られ、同じ敷地内にはジャマイカ人富裕層が住んでいる。  

 

f:id:jyamakawa:20161125115010j:image

 

敷地内を散歩すると、こんな景色。

 

 

 

さて、ポートマリアの街並みはどんなものか。

 

 

 

 

 f:id:jyamakawa:20161125115444j:image

 

職場の目の前には、教会があるのもジャマイカらしいところだろう。

 

 

 

街はこじんまりとしている。徒歩で簡単に周りきれてしまう。

 

 

 

通勤には、ルートタクシーと呼ばれる流しのタクシーか乗り合いバスを利用する。

 

 

基本的には、満席にならないと発進しない。

 

いつでもギュウギュウ詰めだ。

 

 

 

オーチョリオスとポートマリア間を、ジェットコースターの如く、猛スピードで飛ばす。

f:id:jyamakawa:20161125115934j:image

 

 

こんな道。

信号なんてものは、みあたらない。

 

 

 

基本的にみなさん、シートベルトはしないようだ。

 

 

 

ジャマイカンスタイルというやつか。

 

 

 

 

物価は首都キングストンよりも、高い印象である。(店によって異なる)

 

 

ジャマイカでメジャーなビール、REDSTRIPEは、JMD15程高い。

 

日本円では、大体0.9倍で13円程高いことになる。

(1JMD = 0.87円   2016/11/25現在)

 

 

 

 

さて、職場に関して。

 

こじんまりとした、役所である。

 

 

 

初日は、僕のデスクを置くためにオフィスの片付け。

f:id:jyamakawa:20161125120956j:image

 

 

防災課のブルーワーカーの人達と一緒に、支援物資の整理。

 

 

 

f:id:jyamakawa:20161125121508j:image

 

備蓄倉庫で、ふと床を見ると、日本のODAシールが転がっている。

 

 

 

僕の祖国の名前を、こんなカリブの小さな島の田舎町で見かけたのは、驚いたものだ。

 

 

 

日本人であることへの誇りとともに、ある考えが頭に浮かぶ。

 

 

 

 

 

果たして、日本のODAは適切に使われているのだろうか?

 

 

 

 

「適切に」という表現は、議論を呼ぶので、今は深くは触れない。

 

 

まあかたい話は、置いておこう。

 

 

 

 

そして活動の話は、次回にしよう。

 

 

 

職場には、カウンターパートの二人の娘(7歳と3歳)が毎日遊びに来る。

 

 

 

無邪気で、好奇心旺盛で、可愛らしい。

f:id:jyamakawa:20161125122721j:image

 

 

7歳のアニオンは

「好きな政党は◯◯◯〜!」っと、大声で叫ぶ。

f:id:jyamakawa:20161125124210j:image

 

これは、職場の目の前の道路の様子。

 

 

 

人々は応援する政党のカラーのTシャツを身にまとい、サンバのような陽気な音楽を流し、道路を練り歩く。

 

 

 

まるで、最近の日本のデモのように、和やかな祭りみたいな雰囲気である。

 

 

 

しかし、選挙はジャマイカの人々を時に熱くし、 地区ごとのギャングによる銃発砲事件に繋がる。

 

 

 

 

JICAからは、選挙中の注意喚起を幾度となく受けている。

 

 

 

そのような、場所は避けなければならない。

 

 

 

やはり、日の丸を背負った伝統あるJICAという組織は、安全配慮のレベルが非常に高い。

 

 

 

 

さて、子供は正直だし、政治に関する関心の高さに驚かされる。

 

 

 

 

彼女達はしまいには、僕の机で勝手に遊びだす。

 

 

 

まぁ、悪気はないし可愛いので、おおめにみよう。

 

 

しかし、

とりとめのないブログになった。

 

 

 

 

次回は、活動に関することを言葉にしよう。

 

 

 

現在感じていることは、「防災」に対する需要が、多い。

 

 

ということだ。

 

f:id:jyamakawa:20161125123904j:image

 

 

 

 

ᕦ(ò_óˇ)ᕤ