ジャマカワ君の四苦八苦 in Jamaica

青年海外協力隊の苦悩?と感動?を徒然なるままに気楽に書きます。

ジャマカワよ、大志を抱け

さて、前回の更新からかなり時間が経過した。

 

 

親切にも、Hatena Blogからお便りのmailが届いた程だ。

 

 

律儀なブログである('Д')

 

 

さて、2017年を迎えジャマイカの防災界では、Earthquake Awareness Campaignで盛り上がりを見せている。

 

この写真は、CP(カウンターパート)と消防職員と共に訪問した学校での地震津波啓発活動の様子の写真だ。

f:id:jyamakawa:20170206075512j:image

避難訓練後に消防職員が講評を述べている。

 

 

 

僕が働くSt.Maryでは、2004年のスマトラ沖大地震以降、津波に対する危機意識が高まっており"Tsunami Awareness Poster Competition"が2016年に行われた。

 

この企画は、国家防災庁(ODPEM:Office of Disaster Preparedness and Emergency Management)やJICA等が行なった。

 

要するに「学校対抗津波ポスター絵画コンテスト」だ。

 

これらが、入賞したポスターだ。

 f:id:jyamakawa:20170206143710j:image

 

 

 

そんな地域柄か、CPは僕に津波に関することを任せたいようだ。

 

 

そこで、学校巡回時に「Tsunami」を僕が担当することになった。f:id:jyamakawa:20170207132334j:image

 

 

 

職場にはプロジェクターがあるので、パワーポイントと映像を使って津波意識啓発を行うことにした。

 

 

 実際に使ったスライドを挟みながら、ブログをすすめてみよう。

 

 

 

実際のジャマイカの津波はどうなのかというと、、、

 

f:id:jyamakawa:20170206080630p:image

 

f:id:jyamakawa:20170206080659p:image

 

 

 ジャマイカの過去の津波は、2m前後。

 

 

 f:id:jyamakawa:20170206235542p:image

こんなスライドで、子供達に問いかけて、

 

 

港湾空港技術研究所の動画「50cmの津波が来たら、人はどうなるか?の実験映像」を一緒に見て、

f:id:jyamakawa:20170206103536p:image

 

 

 「小さな津波も恐ろしいんだよ 〜」とジャマイカの子供達に伝える。

f:id:jyamakawa:20170206110052j:image

ちなみにこの時は、パワーポイントを映し出すために、ベッドシーツを吊り下げてそこに投影した。

 

半青空教室みたいなもんだ。

 

 

 

2015年には、カリブ海の新たな津波リスクを報じたメディア記事もある。

 

見出しはこれ。

"New study warns of significant tsunami risk in Caribbean " Thu, March 12, 2015

 

 http://m.jamaicaobserver.com/mobile/latestnews/New-study-warns-of-significant-tsunami-risk-in-Caribbean

 

ジャマイカの大衆紙Observer に掲載された。

 

 

要するに、「カリブ海で、東日本大震災級の津波が起こるかもしれない」と警鐘を鳴らしている。

 

 

 一方、他の有識者はこう言っている。

 「ジャマイカでは、スマトラ津波級の津波が来る可能性は低い。」

 

University of the West IndiesのEarthquake Unit (要するにジャマイカの名門大学の地震研究部門)の見解だ。

 

https://www.mona.uwi.edu/earthquake/files/TsunamisandJamaica.pdf

 

言えることは、僕達日本人は2011年3月11日に想定外の自然災害を経験した。

 

 

話は戻り、Tsunamiパートで 僕が意識したことは、

 

 

 

「飽きさせない」ということだ。

 

 

 

持ち時間は約30分。

 

なるべく質問を投げかけ、子供達と双方向なやりとりをしながら、時間を進める。

 

 

例えば、導入にこのスライド。

 f:id:jyamakawa:20170206092209p:image

 

 

この写真は、2011年の東日本大震災発災後に僕が現地で、撮った写真。

 

 

当時の、宮城県の女川町の様子だ。

 

 

 

「何でひっくり返った乗用車が、3階建てビルの屋上に転がっているんでしょう?」と僕は子供達に、問いかける。

f:id:jyamakawa:20170206092751j:image 

f:id:jyamakawa:20170208032717j:image

「悪魔の仕業かな?」

「誰かがケンカして、暴れたのかな?」

 

 

 

子供達は、まじまじと写真をみながら、いろんな答えを出してくれる。

 

 

 

「ここで何があったのか、様子を見てみよう」

 

 

 

と、次の動画にうつる。

 

「女川町の津波到達を記録した動画」

https://m.youtube.com/watch?v=lxfhjh-YA54

 

この動画から 

 

津波警報システムの有効性

津波の波長

3 押し波と引き波

 

 

 そんなことが、垣間見える動画だ。

 

 

 

僕は四苦八苦しながら、そんなことを子供達に伝える。

f:id:jyamakawa:20170206112055j:image

 

 

パトワ語(英語とアフリカの言語をベースにしたクレオール言語)を、TOEICじこみの僕のジャパニーズイングリッシュにはさむと子供達は興味を示してくれる。

 

 

日本人にとって異国の人が、関西弁をたまにはさむイメージだろう( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

 

僕は、子供達の様子を見ながら話すために、パワポスライドを遠隔操作してみた。

 

 

Ipod Touchに"Slideshow Remote"というフリーアプリを入れ、子供達の周りを歩き、話しながらスライドを進めていく。

 

手元でスライド毎のスクリプトも確認出来る優れものだ。

 

 

 

気分はまるでスティーブジョブズである( ͡° ͜ʖ ͡°)

f:id:jyamakawa:20170206122217j:image

 

 時には教会のコミュニティや、

 f:id:jyamakawa:20170206122453j:image

 

こんな大舞台でも。

f:id:jyamakawa:20170207001919j:plain

変な汗がすごいです(*⁰▿⁰*)

 

CPは僕の英語が、子供達に伝わっていないとすかさずフォローを入れてくれる。

f:id:jyamakawa:20170206121345j:image

f:id:jyamakawa:20170206122715j:image

 

 僕はこんなスライドで問いかけて、

f:id:jyamakawa:20170206095227p:image

 

「僕達の地球を一緒に見てみよう~」と言いながら地図を出して、

f:id:jyamakawa:20170206123006p:image

 

日本とジャマイカの位置当てゲームをしたり、

f:id:jyamakawa:20170207000429j:image

 

プレートや、

f:id:jyamakawa:20170207000526p:image

 

断層や、

f:id:jyamakawa:20170207000542p:image

 

プレート境界の話。

f:id:jyamakawa:20170207000619p:image

 

波長の話等をする。

f:id:jyamakawa:20170207000805p:image

 

津波のスピードを伝えるために、このスライドで、注意をひいて、、、

f:id:jyamakawa:20170206122856p:image

 

これで説明。

 f:id:jyamakawa:20170206122908p:image

 

子供の年齢や、雰囲気を読みTopicを取捨選択し、映像を使って飽きさせないようにする。

 

締めくくりは、こんなスライドを出すと

(実際はドクロが点滅する。)

f:id:jyamakawa:20170207003514p:image

子供達は、沢山手をあげて答えてくれる。

 

そして、

f:id:jyamakawa:20170207003629p:image

ダメ〜!とか言いながら、

 

f:id:jyamakawa:20170207003733p:image

勉強は大事だけど、津波が来る時はダメ〜!とか言って、

 

 f:id:jyamakawa:20170207004153p:image

いたって、シンプルなメッセージだ。

これで僕のパートは終わる٩(^‿^)

 

その後、ジャマイカ消防職員の彼等が主導で避難訓練を行う。

f:id:jyamakawa:20170206234516j:image

f:id:jyamakawa:20170207024947j:image

f:id:jyamakawa:20170207005904j:image

帰りは、車内でBob MarleyのOne love をみんなで歌いながらオフィスに戻る。

f:id:jyamakawa:20170207005558j:image

 

CPやジャマイカ消防職員がいなければ、活動は成立していない。

 

また、青年海外協力隊訓練所で学んだファシリテーションというものを途上国ジャマイカで、実践させてもらっている。

 

 

 

 

いつも上手くいくとは限らない。

 

 

 

思い悩むこともあるが、子供達の笑顔に助けられる。

 

 

得る対価以上の付加価値を、途上国にもたらす。そんな青年海外協力隊でありたい。

f:id:jyamakawa:20170207013319j:image

 

 

いや、、、

 

そんな青年海外協力隊になりたい。

 

 

✌︎('ω'✌︎ )

任地での日々2

さて、任地へ来て1ヶ月半程が経過した。

 

 

 

 

活動やカウンターパートのことについて、言葉にしてみよう。

 

 

 

 

僕は現在、カウンターパートと呼ばれる、派遣された現地での受入の担当者と活動をともにしている。

 

 

 

 

彼女は、大体僕と同い年くらいだろう。

 

 

 

 

2人の育ち盛りの娘を持つ、パワフルな、お母さんだ。

 

 

 

 

 

仕事と子育ての両立を難なくこなす、出来るジャマイカ人女性である。

 

 

 

 

 

 

彼女と僕が働くparish内で、大きな災害が起こると、disaster coodinaterとして彼女は様々な組織の調整役を務める。

f:id:jyamakawa:20161220141201j:image

 

 

 

これらの写真は、任地へ来て1週間程の際に行った土砂崩れ、落石現場である。

 

 

 

 

 

 

不運なことに、尊い命が失われた場所である。

 

 

 

 

危険情報が住民にくまなく行き届いていないという問題と、住民の避難の意識の欠如がもたらした結果である。

 

 

 

また、そのような急傾斜地に住まざるをえない、貧困の問題にも話は、波及する。

 

 

 

 

 

様々な組織が現場へやって来て、調査を行う。ODPEM(国家防災庁)、NWA(国交省の技官集団のような組織)、地質学の専門家、GISの専門家、TV局etc....

f:id:jyamakawa:20161220142927j:image

f:id:jyamakawa:20161220143216j:image

f:id:jyamakawa:20161220143311j:image

f:id:jyamakawa:20161220143353j:image

 

 

 

 

 

 

disaster coodinaterとしてカウンターパートの彼女は、多くの組織と連絡をとり合い、テクニカルの面の調査が円滑にはかどるよう、縁の下の力持ちの役割を担う。

 

 

 

 

 

次の土砂崩れ現場までは、僕と彼女が乗る車が先陣をきって、他の車をリードする。

 

雨で視界が悪いなか、ジャマイカの地方の山奥の道を、物怖じしないで運転する彼女の横顔は心強い。

 

 

 

 

 

災害情報をその日中には、写真と文字で、A4のレポート用紙にまとめて、Mayorに報告する。

 

 

 

 

ジャマイカは落ち着いた時間で物事は進むのかと思いきや、手慣れた様子である。

 

 

 

 

 

マスコミ対応に追われるMayorはさぞかし、助かるだろう。

 

 

 

 

 

手早く物事を進めるクレバーさ以外にも、彼女は議論であつくなる。

 

 

f:id:jyamakawa:20161220144518j:image

この写真は、首都キングストンMinistry of local government & community development(日本の昔の自治省みたいな国家機関)での会議の写真。

 

 

 

ジャマイカ全土のdisaster coordinatorが集まり、2017、2018年のジャマイカの災害対策に関して話し合う場である。

 

 

 

 

会議中議論が白熱すると、同時に4〜5人が発言する。

 

 

 

そんな嵐の中でも、躊躇せず、むしろ議論をリードするかのように発言するカウンターパートの姿勢は非常に勉強になる。

 

 

 

 

そんな仕事熱心な彼女だが、僕に対する面倒見が非常に良い。

 

 

 

 

いやむしろ、良すぎるだろう、、、

 

 

僕は子供ではない!!

W(`0`)W

 

 

カウンターパートよ、貴方の子供は2人だけのはずだ。

 

 

 

どうやら、彼女にとっては新規受入JICAボランティア隊員なので、何かあっては大変だと、強い責任感を感じ、ナーバスになっていたようだ。

 

 

 

 

最近は少しづつ、心配症が治ってきているようだ

 

(๑•ૅㅁ•๑)

 

 

 

f:id:jyamakawa:20161220150951j:image

この写真は、首都キングストンの帰りに、カウンターパートが連れていってくれたprice market。costcoのような雰囲気で何でも揃う。

 

 

 

 

そんな感じで、日々を過ごしている。

 

 

 

٩( 'ω' )و

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

任地での日々

任地であるポートマリアに来て、約2週間が経過した。

 

 

生活が落ち着いて来たので、言葉にしてみよう。

 

 

住居は、申し分がない。

 

海岸からは、300m程、内陸寄りで標高も高い。

高度は、mapcoordinates.netによると64mある。

 

東日本大震災津波の最高遡上高でも、40m程。

 

 

 

非常に安全な土地だ。

 

 

 

敷地は門で遮られ、同じ敷地内にはジャマイカ人富裕層が住んでいる。  

 

f:id:jyamakawa:20161125115010j:image

 

敷地内を散歩すると、こんな景色。

 

 

 

さて、ポートマリアの街並みはどんなものか。

 

 

 

 

 f:id:jyamakawa:20161125115444j:image

 

職場の目の前には、教会があるのもジャマイカらしいところだろう。

 

 

 

街はこじんまりとしている。徒歩で簡単に周りきれてしまう。

 

 

 

通勤には、ルートタクシーと呼ばれる流しのタクシーか乗り合いバスを利用する。

 

 

基本的には、満席にならないと発進しない。

 

いつでもギュウギュウ詰めだ。

 

 

 

オーチョリオスとポートマリア間を、ジェットコースターの如く、猛スピードで飛ばす。

f:id:jyamakawa:20161125115934j:image

 

 

こんな道。

信号なんてものは、みあたらない。

 

 

 

基本的にみなさん、シートベルトはしないようだ。

 

 

 

ジャマイカンスタイルというやつか。

 

 

 

 

物価は首都キングストンよりも、高い印象である。(店によって異なる)

 

 

ジャマイカでメジャーなビール、REDSTRIPEは、JMD15程高い。

 

日本円では、大体0.9倍で13円程高いことになる。

(1JMD = 0.87円   2016/11/25現在)

 

 

 

 

さて、職場に関して。

 

こじんまりとした、役所である。

 

 

 

初日は、僕のデスクを置くためにオフィスの片付け。

f:id:jyamakawa:20161125120956j:image

 

 

防災課のブルーワーカーの人達と一緒に、支援物資の整理。

 

 

 

f:id:jyamakawa:20161125121508j:image

 

備蓄倉庫で、ふと床を見ると、日本のODAシールが転がっている。

 

 

 

僕の祖国の名前を、こんなカリブの小さな島の田舎町で見かけたのは、驚いたものだ。

 

 

 

日本人であることへの誇りを感じてしまう。

 

 

 

まあかたい話は、置いておこう。

 

 

 

 

そして活動の話は、次回にしよう。

 

 

 

職場には、カウンターパートの二人の娘(7歳と3歳)が毎日遊びに来る。

 

 

 

無邪気で、好奇心旺盛で、可愛らしい。

f:id:jyamakawa:20161125122721j:image

 

 

7歳のアニオンは

「好きな政党は◯◯◯〜!」っと、大声で叫ぶ。

f:id:jyamakawa:20161125124210j:image

 

これは、職場の目の前の道路の様子。

 

 

 

人々は応援する政党のカラーのTシャツを身にまとい、サンバのような陽気な音楽を流し、道路を練り歩く。

 

 

 

まるで、最近の日本のデモのように、和やかな祭りみたいな雰囲気である。

 

 

 

しかし、選挙はジャマイカの人々を時に熱くし、 地区ごとのギャングによる銃発砲事件に繋がる。

 

 

 

 

JICAからは、選挙中の注意喚起を幾度となく受けている。

 

 

 

そのような、場所は避けなければならない。

 

 

 

やはり、日の丸を背負った伝統あるJICAという組織は、安全配慮のレベルが非常に高い。

 

 

 

 

さて、子供は正直だし、政治に関する関心の高さに驚かされる。

 

 

 

 

彼女達はしまいには、僕の机で勝手に遊びだす。

 

 

 

まぁ、悪気はないし可愛いので、おおめにみよう。

 

 

しかし、

とりとめのないブログになった。

 

 

 

 

次回は、活動に関することを言葉にしよう。

 

 

 

現在感じていることは、「防災」に対する需要が、多い。

 

 

ということだ。

 

f:id:jyamakawa:20161125123904j:image

 

 

 

 

ᕦ(ò_óˇ)ᕤ 

 

 

 

任地へ向かう

首都キングストンに着いて、約3週間。

 

 

新人隊員として、僕等はドミトリー生活を過ごした。

f:id:jyamakawa:20161108004046j:image

 

 

語学研修や、治安、交通に関するオリエンテーション等を受け、ジャマイカの空気感が掴めてきた気がする。

f:id:jyamakawa:20161108013221j:image 

 

やはり、首都は騒がしい。

 

 

 

夜通しどこからともなく、聞こえてくる、重低音のレゲエサウンド。

 

 

 

歩行者優先?そんなこと知るかと言わんばかりの、猛スピードで体の真横を通り抜ける車。

f:id:jyamakawa:20161108013326j:image

 

こんな事故も。

 

 

 

そんな首都キングストンを離れ、今日からついに地方都市St.Maryへ向かう。

 

 

 

ジャマイカには、14のparish(日本でいう市のようなもの)が存在し、その中の小さなparishのひとつへ赴任する。

 

 

 

カウンターパートが迎えに来てくれるはずだ。

 

 

 

そろそろ来るはずだが、約2時間遅れは確実だ。

 

 

 

これぞジャマイカンタイム。

 

 

 

時間通り、予定通りには物事は進まない。

 

 

もう、慣れっこである。

 

 

 

 

これが、異文化への適応というものであろうか。

 

 

 

カウンターパートと約2時間、車内で何を話そう。

 

 

 

やや不安だ。

 

 

 

こんな感情は、人間だからこそ芽生える。

 

 

さて、もうすぐかなぁ〜(´-`).。oO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出国

現在、羽田空港

 

 

もうすぐ、日本を発つところ。

 

 

 

2年間も日本を離れるのは、初めてなんで、妙な気分だ。

 

 

 

 

12時間かけて、カナダのトロントへ。

 

 

一泊してから、ジャマイカへ。

 

 

 

 

 

ジャマイカは秋田県程の大きさ。

 

 

 

そんな国の地方の役所の防災課に所属することになる。

 

 

 

 

任務は、ジャマイカの人達の防災意識の向上だ。

 

 

 

 

何が出来るだろう?

 

 

 

 

 

僕にも出来ることは、あるはずだ。

 

 

 

 

 

2年間、もがいてみよう。

f:id:jyamakawa:20161014154653j:image

 

 

 

 

٩( 'ω' )و

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、ジャマイカに向かう。

ブログでも始めてみようと思う。

 

 

2015年の秋募集でJICAの青年海外協力隊に応募し、合格。

 

 

職種は、防災・災害対策。

 

 

 

2016年7月から2ヶ月半、長野県駒ヶ根市の訓練所(通称KTC)で、派遣前訓練を受けた。

 

 

 

2016年10月14日から、2年間ジャマイカへ向かう。

 

 

 

Facebook程、人目にさらされないという気軽さ。

 

紙に日記を書く程、レトロな人間ではないという社会への反抗心。

 

 

 

、、、そんなジレンマを抱えながら、ブログを始めてみた。

 

 

 

٩( 'ω' )و